家財保険の選び方

家財保険の人気ランキング

家財保険を選ぶ際は、賃貸・持ち家などそれぞれの住居タイプに合った商品を選ぶことが大切です。

家財保険TOP > 選び方

住居タイプで家財保険を選ぶ

持ち家・賃貸などの住居タイプにかかわらず、住まいのほとんどには火災保険がかけられています

しかし、火災保険に家財保険を付加するかどうかは任意となっており、特に賃貸住居については、自分で火災保険に加入する必要がないぶん、家財保険は未加入のままというケースが多くなっています。

もし火災や落雷などによって家具・家電に大きな被害が出た場合、程度によっては数十万~数百万円の損害が出てしまう可能性があるので、持ち家・賃貸にかかわらず、家財保険にはぜひ加入しておきましょう。

ここでは、賃貸・持ち家両方における家財保険選びのポイントを紹介します。

賃貸住居の家財保険の選び方

賃貸住居の場合、火災保険については大家さんが別途契約しているので、自身で火災保険に加入する必要はありませんが、そのぶん家財保険については十分な補償をかけることが大切です。

なぜなら、賃貸契約の契約要項の中には、借りた住宅を契約終了時に元に戻しておくことを約束する『原状回復義務』が記載されており、万一借り主の失火によって部屋に損傷を与えた場合、大家さんに対する賠償責任が発生してしまいます。

そのため、賃貸住居にお住まいの方は、万一のリスクに備え、家財保険の特約として付加できる『借家人賠償責任保険』への加入がおすすめです。

借家人賠償責任保険では、借り主の失火や漏水などによって発生した賠償責任を補償することが可能となっており、万一のトラブルに備えることができます。

持ち家の家財保険の選び方

持ち家の購入時に住宅ローンを利用した場合、強制的に火災保険に加入させられます。

しかし、強制加入の火災保険の中には家財保険が付加されていない商品もあるので過信は禁物です。

特に住宅ローンを組んだ場合、火災保険の質権設定の第一順位が住宅ローン会社となる場合が多く、もし火災で家が全焼しても保険金のほとんどがローンの残債にあてられてしまいます。

一方、家財保険は住宅ローンには関与していないため、たとえローン残債があっても家財保険の保険金はすべて手元に残ります

火災で家が全焼した場合、早急に新しい住まいを探さなければならないので、保険金が必ず手元に残る家財保険については、特に補償の手厚い商品を選んだ方がよいでしょう。

東京海上日動火災保険

東京海上日動の公式サイトです。
www.tokiomarine-nichido.co.jp/

損保ジャパン

商品の案内、Q&A、代理店紹介、保険用語集。
www.sompo-japan.co.jp/

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保の公式ホームページです。
www.aioinissaydowa.co.jp/

ページ先頭へ戻る

家財保険の比較ランキング※選び方のポイント

Copyright (C) 家財保険の比較ランキング※選び方のポイント All Rights Reserved.