家財保険の金額と保険料

家財保険の人気ランキング

家財保険の保険料は、同居人数や年齢に基づいて設定される補償金額のほか、建物の構造によって変化します。

家財保険TOP > 金額と保険料

家財保険の保険料と補償金額

家財保険の保険料は、家財に損害があった場合に支払われる補償金額によって算定されます。

補償額は一般的に住居に住む方(保険契約者)の年齢・家族構成・同居家族の人数が基準となっており、これらの条件に基づいて各保険会社が定めたプランの中から選択する仕組みとなっています。

同居家族の人数を基準とした補償額の一例を挙げると、以下のようになります。

同居家族の人数 家財保険の補償額
1人(本人のみ)
150~300万円
2人
500~1500万円
3人
600~1800万円
4人
700~2000万円
5人
800~2200万円

以上の表を見ると、同居家族の人数と補償額が比例関係にあることがわかります。

それぞれ幅を持たせてあるのは、世帯によって所有している家財の数や価値が大きく異なるためです。

補償額は多いほど手厚い補償をうけられますが、そのぶん家財保険の保険料もアップするため、月々の支払いと補償額のバランスを考えることが大切です。

ちなみに、家財保険の保険料は、補償額だけでなく、建物の構造や特約の有無、保障期間によっても大きく変化します。

このうち、建物の構造についてはいくつかの級に区分されており、大きく分けると『コンクリート造』『鉄骨造』『木造』などに分類されます。

さらに、耐火性能を考慮した『耐火建築物』など、建物の性能に応じて細かく分類されており、1級・2級・3級に振り分けられます

もともと家財保険は火災保険の特約として加入するものなので、耐火性の強い建物ほど保険料が安くなる仕組みになっています。

東京海上日動火災保険

東京海上日動の公式サイトです。
www.tokiomarine-nichido.co.jp/

損保ジャパン

商品の案内、Q&A、代理店紹介、保険用語集。
www.sompo-japan.co.jp/

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保の公式ホームページです。
www.aioinissaydowa.co.jp/

ページ先頭へ戻る

家財保険の比較ランキング※選び方のポイント

Copyright (C) 家財保険の比較ランキング※選び方のポイント All Rights Reserved.