家財保険の対象となるもの

家財保険の人気ランキング

家財保険は家財一式が補償対象となりますが、中には補償対象外となるものもあるので注意が必要です。

家財保険TOP > 対象となるもの

家財保険の補償対象

建物そのものを補償対象とする火災保険に対し、家財保険は所有する家財一式が補償の対象となります。

ここでいう家財一式とは、いわゆる生活関連動産のことを指しますが、中には家財保険の補償対象外となるものも存在します。

火災保険または家財保険の対象となるものは一般的に『保険対象』と呼ばれており、いかに手厚い保障をかけていても、この保険対象からはずれたものの損害については一切補償されません。

そのため、家財保険に加入する際は、補償の対象となるものをよく確認し、補償対象外となるものについては別の対策をとる必要があります。

では、家財保険ではどんなものが補償対象となるのでしょうか。

家財保険の対象となるもの

家財保険の補償対象の定義は、原則として『被保険者が所有する家財で、なおかつ保険証券記載の建物内収容のもの』となります。

そのため、ソファやタンス、ベッドなどの家具はもちろん、テレビやエアコンなどの家電についても補償対象となります。

他にも、衣類や食料、食器などの小物類に関しても、生活関連動産とみなされ、損害があった場合に保険金が支払われます。

また、貴金属や宝石、書画、骨董、彫刻物などの美術品(価額30万円以上のもの)や、設計書、図案、証書、帳簿などに類するものについても補償対象となりますが、これらは別途申込み書に明記し、価額のわかるもの(鑑定書など)を添付する必要があります。

家財保険の対象とならないもの

一方、家財保険の対象とならないものについては、現金や有価証券、預貯金証書、印紙、切手、クレジットカード類などが挙げられます。

また、自動車やバイクなどの乗用具については、建物内所有のものという規定に反するため、保険の対象となりません。

ただし、普通の自転車や、総排気量125ccの原動機付き自転車については補償対象となります。

ちなみに、建物なのか家財なのか判断がつきにくいもの(ビルトインキッチンやユニットバスなど)については、住居が自己所有物件である場合、建物の一部とみなされ、家財保険の対象からはずれてしまいます。

一方、賃貸物件など自己所有物件ではなく、かつキッチンやユニットバスが被保険者所有のものである場合は家財保険の対象に含まれます。

東京海上日動火災保険

東京海上日動の公式サイトです。
www.tokiomarine-nichido.co.jp/

損保ジャパン

商品の案内、Q&A、代理店紹介、保険用語集。
www.sompo-japan.co.jp/

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保の公式ホームページです。
www.aioinissaydowa.co.jp/

ページ先頭へ戻る

家財保険の比較ランキング※選び方のポイント

Copyright (C) 家財保険の比較ランキング※選び方のポイント All Rights Reserved.