年末調整における家財保険の書き方は?

家財保険の人気ランキング

地震保険に付帯している家財保険に加入している場合、年末調整を行うことで保険料控除を受けることができます。

家財保険TOP > 年末調整

家財保険の年末調整について

以前まで、火災保険や家財保険などの損害保険に加入している場合、年末調整を行うことで保険料の控除を受けることが可能となっていました。

しかし、平成18年度の税制改正により、それまでの損害保険料控除が廃止され、現在は火災保険などの損害保険は保険料控除の対象外となっています。

そのかわり、新たに地震保険料控除制度がもうけられており、年末調整の『地震保険料控除』の欄に必要事項を記入することで保険料の控除を受けることができます。

地震保険には、地震による建物の損壊のほか、家財の損害を補償する家財保険が付加されているので、地震保険に加入されている方はぜひ年末調整を行いましょう。

年末調整の書き方はとてもシンプルで、10月~12月頃に加入している保険会社から送付される『地震保険料控除証明書』に記載されている金額を地震保険料控除の欄に記載するだけでOKです。

書いた書類は会社に提出しますが、この時、地震保険料控除証明書を添付する必要があるので、送られてきた控除証明書は紛失しないよう大事に保管しておきましょう。

ちなみに、年末調整のない自営業者の方については、確定申告用の書類にある『地震保険料控除』の欄に保険料の支払金額を記入し、保険料控除証明書を添付して税務署に提出することになります。

東京海上日動火災保険

東京海上日動の公式サイトです。
www.tokiomarine-nichido.co.jp/

損保ジャパン

商品の案内、Q&A、代理店紹介、保険用語集。
www.sompo-japan.co.jp/

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保の公式ホームページです。
www.aioinissaydowa.co.jp/

ページ先頭へ戻る

家財保険の比較ランキング※選び方のポイント

Copyright (C) 家財保険の比較ランキング※選び方のポイント All Rights Reserved.